スキャルピングのリスク

スキャルピングのリスク

スキャルピングのリスク

FXの取引手法にスキャルピング(Scalping)という方法があります。

 

短期トレードの中でもさらに短期であり、
デイトレード以上のスピードで取引を
積んでいく手法です。

 

具体的には、数秒から数分単位で、
数ポイントの小さな為替差益を
積んでいくことで利益を得ていきます。

 

スキャルピングはレバレッジ重視の投資家に
おすすめの手法といえます。

 

リスク・利益の観点で言えば、
「ローリスクローリターン」に分類される手法です。

 

そこまで難しい方法ではなく、
リスクもそこまで大きくはないので、
初心者トレーダーにも割りとおすすめできる手法です。

 

ただし、細かい取引をたくさん行っていくため、
モニター画面をずっと見続けられる時間のゆとりと、
高い集中力が必要となります。

 

一回の取引で得られる利益が
少ないのがスキャルピングの難点であり、
同時にリスクを分散・軽減しやすい点であるといえます。

 

また取引自体の回数が多いため
取引手数料が高い業者はおすすめできません。

 

取引手数料が無料の業者も増えていますから、
無料か低スプレッドのFX業者がおすすめです。

 

またリスクをすばやく回避し、
細かい損失を積まないためにも、
ロスカットは素早く行っていきましょう。

 

ポジションはたくさん建てる必要があり、
レバレッジも最大限に利用したいものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ